読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BicyclefiL / けんたさん自転車ブログ

BicycleとLifeで「BicyclefiL」日本の自転車ライフを豊かにしていきます。

「ロードバイク」の「ホイール」についてる「シール」、剥がしまショウ!ヽ(・∀・*)ノ

スポンサーリンク

みなさんこんにちは

ロードバイク完成して、よっしゃー試しに100km漕いだるでー!

ロードなら余裕だろ!わはははははは

(’A’)

舐めてました100km(_ _|||)

私仕事を始めてしばらく、えーと1年くらい長距離走ってなかったんですけど、いやー疲れました。

でもロードバイクいいですね!ピストと比べるとぜんぜん疲れにくいです!疲れたけど!

あれ、何の話だっけ…

ハイ!!

どうも、けんたさんですヾ(゚ω゚ )

みなさんご自身の自転車にどんなホイール履かせてますか?

私はカンパニョーロのカムシンというホイールを履かせています

このホイール11速に対応した安いホイールで、かつG3という特殊な組み方に惚れて買ったのですが、

実はもう1つ理由があります。

ホイールってあれがついてるじゃないですか、そう「シール」が! ゚д゚)

IMG_7263.jpg

IMG_7264.jpg

これ、剥がせるんです(゜∀゜)

好きな人はそのままでいいかもしれませんが、自転車のスタイルにアクセントが欲しかったり、逆にあんま目立たせたくないとき、シール1つでガラッと雰囲気変わりますよね

ちなみにシマノは全部かどうかわかりませんが、シールの上からクリア塗装をしているのか剥がせないんです。

ぼくのロードはクラシック寄りな雰囲気にしたかったので、ホイールについているロゴは無い方がいいのではないかと思い、そういった意味も込みでシールを剥がせるカンパニョーロをチョイスしました。

今回組んでみて、思いのほかカンパとカムシンのロゴシールがいい感じだったのですが、どうしても剥がしたいシールがあります(゜ロ゜)

これです。

IMG_7266.jpg

なんすかWARNING!って!危険な香りなんて全然しませんよ!

理由はそれだけ! ということで今回はこいつを剥がしたいと思います。ようやく本題w

今回作業を助けてくれるエージェントを紹介します

「ドライヤー」 通称ドライやん先輩(比較的ドライな性格)

IMG_7267.jpg

「パーツクリーナー」通称クリンちゃん(世話好きでみんなに愛される。体が比較的デカめで悩んでる)

IMG_7291.jpg

さぁやることは簡単です。

みなさんシール剥がす時こんな経験ありませんか?

この手で無理やり剥がそうとすると、爪でリムに傷がつくんじゃないかとおろおろしたり、慎重にやらないと、シールが剥がす途中で切れてしまい、あの白い残りカスみたいのが残っちゃって剥がすのがすごいめんどくさくなり、作業が難航してしまう。

そこでドライやん先輩の登場です。

まず、爪でうまいことかどっちょをちょっとだけめくります。ちょこっとでいいです(゚∀゚)

IMG_7269.jpg

こんな感じ

IMG_7286.jpg

そしたらあとはドライやん先輩に暖めてもらいます

IMG_7272.jpg

暖めながら撫でるようにシールを剥がしていくと、

ペリペリーっとうまいこと剥がれるんです!

IMG_7273.jpg

IMG_7276.jpg

暖めるとシールの粘着力弱くなるんですね!

IMG_7277.jpg

さぁリアの方も

IMG_7282.jpg

IMG_7284.jpg

IMG_7289.jpg

せい!せい!せい!っとやっちゃいましょう^^

剥がし終わったら仕上げです

特に最初、爪で剥がす時にどうしても、微妙なシール跡みたいなのが残ってしまうので、クリンちゃんをタオルに含ませ、拭き拭きとしてあげると、シール跡がなくなっちゃいます

IMG_7292.jpg

これで完成(゚∀゚ノノ゙パチパチパチパチ

どうでしょう、わずかではありますが変わりました。

ぶっちゃけ離れて見ればほとんど変わらず( ゚∀゚)ドーン

完全に自己満ですね笑

でもこういうのは趣味性の高いモノだから自己満って大事だと思います

IMG_7294.jpg

IMG_7262.jpg

もちろん剥がそうと思えば全部剥がせますし、カンパからシールも販売してますので、

何となくご自身の自転車イメチェンしたいなとお思いでしたら、こういう手もありだと思います。

良かったら試してみて下さい^w^

安上がりですしね笑